城東区鴫野の歯医者│一般歯科・小児歯科・矯正歯科・予防歯科

歯医者が伝えたい人生に影響を及ぼす歯の大切な話

子供編

母乳から離乳食へのポイント

親が月齢だけを見て離すものではなく、準備ができた赤ちゃんが母乳やミルクから離れることです。月齢だけを目安にして赤ちゃん専用の特別な離乳食を作るのではなく、食卓に並ぶ食事の中の食材とみそ汁などを一緒にすり鉢等で細かくしたり柔らかくして赤ちゃんに食べさせて、皆で同じ食卓を囲む楽しさを伝えていくものです。6ヶ月いっぱいは母乳育児のみで頑張ってもらい、ミルク育児であっても母乳に近い吸い口の咬合型乳首を使用してもらい、口の機能をしっかりと発達させることは未来の良い歯並びの為に重要です。あわせて、WHOの推奨する7ヶ月以降からゆっくりと、その子の発育をみて離乳を進めていくことをお話させてもらいます。お口と全身の健やかな成長を願いながら、保護者の皆様と一緒に見守っていきたいと考えています。

rinyuu

 

 

 

 

[ポイント]
◎一緒に食卓を囲み食事を楽しむことを目標に
◎WHOの推奨する7ヶ月以降からの離乳食開始へ
◎食事内容は親と同じ食材で薄味のものを取り分けてあげる
◎7ヶ月になるまで母乳育児のみを、ミルクなら咬合型乳首を使った育児をがんばる

ページの先頭へ